MENU

キャッシング審査に不利な職業

キャッシングを行う際には審査が必要になってきますが、これは自分が就いている職業によっても通りやすさが変わってきます。最も審査に通りやすい職業は公務員です。

 

これは安定した収入に強く期待できるからというのもありますが、公務員という職業であれば返済が滞ることはないだろうという安心感を持たせることができるのも大きいためです。一方、自営業やアーティストなどは収入が不安定であることが多いため、審査には通りにくくなります。

 

パートやアルバイトの方におすすめなキャッシング!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

自分の職業に不安のある人はクレジットヒストリーを作ってみよう

自営業などの収入が不安定な職業でも、クレジットヒストリーというものを作り上げれば審査に通りやすくなります。クレジットには「信用・信頼」、ヒストリーには「歴史・履歴」という意味があるため、クレジットヒストリーとは簡単に言えば「信用履歴」ということになります。

 

要は、今までにお金を借りたことがあったけれどもそれらを全て期間内に返済完了している、といった実績があれば、「あ、この人は何度もキャッシングを利用しているにもかかわらず返済能力は高いんだな」と金融機関側に判断されやすくなるため、審査に通りやすくなるのです。

 

クレジットヒストリーはごまかせないので注意

過去にどの金融機関を利用したのか、そしてその時の返済状況はどうだったのかという情報は信用情報機関というところに全て記録として残っているので嘘は通用しません。そのため、審査の際に見栄を張って虚偽の内容を報告をするのはやめるようにしましょう。逆に言えば、今までにしっかりと返済していて返済能力をアピールできていれば、何もしなくても金融機関はその情報を参照してくれます。

 

キャッシングに通りにくい職業一覧

冒頭でも少し述べましたが、キャッシングに通りにくい職業を以下にまとめてみました。

 

  • 個人事業主(自営業者)
  • フリーランス
  • アーティスト
  • 水商売
  • タクシーやトラックなどのドライバー
  • 年金受給者
  • 無職orニート

 

自営業者・フリーランス・アーティストは、毎月・毎年の収入が不安定になりがちなこともあって審査は不利になります。また、水商売をしている人やタクシーなどのドライバーなども審査に通りにくくなります。これは単に収入が安定しづらいからという理由もありますが、その職業柄体を壊してしまいやすいためとも言われています。

 

水商売をしている人はお酒をがんがん飲まなければいけない傾向がありますし、ドライバーは激務であることが多いからですね。年金受給者は、最低でも65歳以上ということで年齢制限という観点から審査が厳しくなります。最後に無職やニートに関してですが、安定した収入はおろか収入自体が無いため、審査にはほぼ通らないと言ってもいいでしょう。

 

無職やニートの人はともかく、上記で挙げた職業の人でもクレジットヒストリーを作り上げることができれば審査に有利になります。以下クレジットヒストリーの作り方に関して見ていきましょう。

 

クレジットヒストリーを作る方法「クレジットカードで返済実績を作る」

クレジットカードを使って返済実績を作っていけば、クレジットヒストリーが良好になります。なるべくこまめにクレジットカードを使っていき、しっかりと返済していくようにしましょう。このようにきっちりと返済実績を積んでいけば、「あ、この人はこんなにも使ってるのに毎回返済できてるんだな」、「この人と契約すればうちの利益ももっと上がるかもしれない」と思われる可能性が高まり、同様にキャッシングの審査の方も通りやすくなるのです。

 

ただし、せっかくここでクレジットヒストリーを作るためにクレジットカードを利用しても、返済が遅れてしまったり、返済しきれなくなってしまっては元も子も無いので注意してください。自分の生活に無理の出ない範囲でクレジットヒストリーを作っていくようにしましょう。ちなみに、できることなら普段の買い物や携帯料金・公共料金の支払い等にもクレジットカードを使って返済していくようにしていくと無駄が無いです。

 

クレジットカードを持ってない人はハウスカードを作ろう

クレジットカードを持っていないという人はハウスカードというものを作ってみましょう。通常のクレジットカードはカードを扱っているお店では基本的にどこでも使えますが、ハウスカードは特定のお店でしか使えないという代物です。これだとクレジットカードの方がいいように見えますが、ハウスカードは作成の際の審査が非常に甘いので、クレジットカードの審査に落ちてしまうような方でもカードを作ることができるというメリットがあります。

 

また、特定のお店でしか使えないということで無駄使いしてしまうリスクも小さいです。ハウスカードを利用してもクレジットカードと同様にクレジットヒストリーを作り上げることができるため、少しでもキャッシングの審査で有利になりたいという人は、ハウスカードの利用も検討されてみてはいかがでしょうか。

キャッシング審査で重要視されるポイントとは

消費者金融や銀行からお金を借りる際に重要なポイントはいくつか存在しています。年収や勤務先の安定感、そして勤続年数などが挙げられます。この中で一番重要なのは年収の高さで、次いで勤続年数、安定感となります。

 

例外として公務員の場合は年収が低くても簡単に審査に通過できるようです。要するに仕事の安定感がとても高く収入が途切れないという部分を大きく評価されているのですが、この影響もあり年収が低いにも関わらず借入が簡単に行えるため公務員破産というようなトラブルも発生しています。

 

他の要素よりも年収が一番重要視される

当たり前な話ではあるのですが年収が多いとお金を借りやすくなります。例えば年収が1000万円あれば50万円借りても簡単に返済できそうに感じるでしょう。実際に貸してみてもおそらく1~2ヶ月で完済できる範囲です。一方で年収が100万円の人が50万円借りたら完済する事はとても難しいのは誰が見ても明らかです。

 

こうした考えは個人間での貸し借りはもちろん業者が貸すお金でも同じように考えられます。つまり年収が高ければ業者もお金を貸しやすくなるわけです。基本中の基本ですが返済出来る金額までしか業者はお金を貸してくれません。収入が多いという事は返済できる金額も増え借入できる金額も増えるというわけです。

 

年収の多さに次いで勤続年数もとても大事な要素となってきます。例えばいくら収入のよい仕事でも入社数ヵ月後に辞めてしまって収入が激減なんて事もありえるわけです。また入社直後であれば本当に高収入が約束されているのか判断しかねますから、入社直後はキャッシングの審査においては低い評価となってしまいます。

 

逆に勤続年数が長ければ今後も同じくらいの金額をコンスタントに稼げる可能性が高く返済のプランが立てやすいでしょう。また現在の勤務先での勤続年数は短いものの同系統の仕事で引き抜かれたような状況であれば問題ない場合も多々あります。この辺りの細かな判断は業者によるところが大きいので一概に何年以上働くべきとは言えません。

 

一般的には2〜3年働いていれば十分な勤続年数であると判断してもらえるでしょう。少額の借入であれば半年程度でも問題ないかもしれません。この他に勤務先もそれなりにキャッシングの審査に影響を与えます。特に自営業の場合はキャッシング利用するにあたってかなり不利になる可能性があります。

 

場合によってはフリーターやパートよりも貸したくないと見られる場合もあります。やはり自営業では安定した稼ぎをあげる事が難しく事業失敗のリスクもあるためこのような判断をされてしまいます。ただし事業年数が長く安定した運営をできていることを証明できれば問題はありません。

 

公務員ならキャッシングの審査はとても有利

自営業とは真逆で公務員はキャッシング利用するうえでとても有利に働きます。ハッキリ言って金融事故などを過去に起こしていなければ、まず融資を受けられると考えて良いでしょう。それほどキャッシングの業界では公務員は高い信用を得ているのです。

 

例えば公務員になったばかりで年収もとても少ないような人でも簡単に審査に通ります。他社からの借入があっても総量規制などの制限を受けない範囲であれば簡単に貸し付けてくれるのです。このような条件では通常の会社員ではキャッシングを利用できない、あるいは利用できても限度額が低いのが当たり前です。

 

それでも公務員なら簡単にお金を貸してもらえるのです。このように公務員であればすぐにお金を貸してくれるというのは一見有利なように見えますが、借金が簡単に膨れ上がる危険性も存在しています。年収は少ないのに簡単にお金を借りられるとなれば金銭感覚がくるってしまうのも無理はありません。こうして公務員であるが故に破産してしまうというトラブルはなかなか無くなりません。

 

特に気をつけたい公務員の借入

公務員と一言で言っても様々な人がいます。中にはキャリア系のプライドの高い公務員というのもそれなりに存在しています。こうした人はプライドを守りたいと考える一方で現在の年収の低さに苦しんでいる事が少なくありません。そこでキャッシングを利用してしまうと驚く程優遇され自分の実力でお金が使えると感違いしてしまうのです。

 

公務員がお金を借りる事自体は何も悪くありませんし、上手に利用するのであれば簡単に融資してもらえて便利です。しかし極端に優遇されるとどうしても感違いしてしまうのが人間というものです。公務員のキャッシング利用は慎重に行うようにしてください。

スピードキャシング一覧

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日