MENU

即日融資なら銀行より消費者金融に申し込みましょう

即日融資は銀行でも消費者金融でも行っていますが、消費者金融の方が申し込みから実際に借り入れを行えるまでのスピードが早いです。審査が最短30分と明記している消費者金融も多く、この審査が掛かる時間の大部分を占めているので、これが早いほど融資を受けられるまでの時間も短くなります。

 

審査が30分でも、申し込み書を記入する時間や利用前の説明の時間があるので、実際には最短でも約1時間はみておく必要があります。銀行でも審査が30分とうたっている三菱東京UFJ銀行などがありますが、消費者金融と比べると、このような短時間で融資を受けられる銀行はまだごく少数です。即日融資を希望する場合、消費者金融を利用した方がいいでしょう。

 

すぐに借りたい!最短で借りれる人気のキャッシング!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

審査の通過率も大きなポイントです

審査の時間の前に、まずそれを通過できないことには融資は受けられません。この審査の通過率が消費者金融と銀行では約2倍の差があります。

 

消費者金融と銀行の審査の通過率は?

キャッシングの審査の通過率は、消費者金融で約40〜45%、銀行では約20〜30%だというデータが出ています。これは公式なデータなので信頼できる数字です。このように両者では約2倍もの通過率の違いがあります。

 

一般的に銀行の審査は消費者金融より厳しいと言われますが、このデータがそれを裏付けています。審査で落とされてしまっては即日融資どころではありません。この点でも銀行より消費者金融の方が即日融資を受けられる可能性が高いといえます。

 

受付時間の違いもあります

消費者金融では平日や休日に関係なく、ほとんどの会社で毎日21時まで審査を行っています。この時間までに審査が終われば即日融資を受けることができます。もし終わらなかった場合は融資を受けられるのは後日になってしまうので、なるべく早い時間に申し込みを行うことが大切です。

 

この審査が後日まで掛かってしまった場合、結果は後日申し込み時に記入した電話番号やメールアドレスまで知らされます。通っていた場合はもちろんすぐにキャッシングが可能になりますが、即日融資からは外れてしまいます。銀行の場合、営業時間である15時までに審査が終わらない場合、そのまま審査が後日に回されてしまうことが多くあります。三菱東京UFJ銀行では平日は20時まで、日曜は17時まで、土曜と祝日18時まで審査を行っていますが、消費者金融と比べた場合、やはりその時間が短いといえます。

 

三井住友銀行が審査時間が一番長く、平日や休日を問わずに20時まで審査を行っていますが、銀行では審査に掛かる時間が消費者金融より長い傾向があるので、その2時間くらい前までには申し込みを行わないと即日融資を受けるのは難しいかも知れません。

 

また消費者金融では審査が終わった後に自動契約機からキャッシング用のカードが発行されるので、それを使ってすぐにキャッシングが可能ですが、銀行の場合は即日融資の場合、同一銀行の口座への振り込みで行うのが基本です。そのため、借り入れを行う銀行に口座を持っている必要があります。(例外もあります) 融資の同一銀行の口座への振り込み対応は銀行の営業時間外でも即反映されるので、即日融資が可能になっています。

 

在籍確認を回避する必要があります

消費者金融の審査では在籍確認が行われます。これは申し込みをした人が勤務している会社に電話を掛けて文字通り在籍を確認する作業ですが、審査を行っている時間によってはこの電話が繋がらないことがあります。

 

申し込みをしたのが休日の場合は尚更です。審査が終わらないことには融資は行われませんので、この電話による在籍確認を回避することが消費者金融から即日融資を受ける重要な要素になります。

 

プロミスとモビットでは電話確認が回避できます

大手の消費者金融のプロミスとモビットでは、この電話確認を書類の提出で回避することが可能です。その書類とは、会社名の入った健康保険証と会社が発行した給与明細票です。この2点を申し込み時に提出することで会社への在籍証明になり、電話確認が行われなくなります。

 

電話確認を回避するには、プロミスでは申し込みの前に必ず電話の代わりに書類で在籍を証明したい旨を伝えてください。伝えなかった場合、電話による在籍確認になってしまいます。モビットではネットからの申し込みで最初から書類によって証明することを選択できるので、事前の連絡は不要です。

 

アコムでも10万円までなら電話確認なし

アコムでは審査ではこの電話による在籍確認ができなかった場合、限度額が10万円の状態になります。10万円までの金額が必要な場合はアコムでも即日融資が可能です。またこの限度額は後日会社の営業時間中に電話で確認ができれば本来の額になります。

 

即日融資だけでなく、この電話での在籍確認があると困るような人はプロミスやモビットの利用がおすすめです。とりあえず10万円以下で構わないのですぐに借り入れを行いたい場合はアコムが一番早いかも知れません。

スピードキャシング一覧

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日