MENU

キャッシングに落ちてしまう三つの原因

キャッシングの審査に落ちてしまう原因として考えられるのは大きく分けると3つのことが影響しています。それが収入と借入状況と個人信用情報です。

 

収入で注意すること

収入が少なすぎて借入できないという方も多いと思います。そもそも収入が少ないためにお金が必要となってキャッシングを申し込んでいる訳ですから、道理としては至極まっとうなことです。しかし、その収入の低さが原因で落ちるというキャッシングのジレンマというものがあります。ですが、金融機関としても、収入が少ない=安定していないと考えられるため、融資しづらいのです。

 

借りるために借入金額を調整する

しかし、審査に通りやすくするテクニックとして挙げられるのが、借入金額を少額に設定することです。借入金額を大きく設定している人は審査に落ちてしまいやすいです。借入金額を大きくすると金融機関的にはリスクが増大するだけですので、審査が厳しくなります。

 

逆に借入金額を少なくするだけで、金融機関は背負うリスクが軽減されると考えるので、審査が多少緩くなる、ということです。もちろん、借りられる金額は下がってしまいますが、それでも必要なお金を賄えますし、今後限度額を上げてもらえることもありますので、試してみる価値はあります。

 

借入状況

借入状況で最も敬遠される問題に、複数の金融機関、消費者金融や銀行からお金を借りている、つまり多重債務者になっていることです。特に金額以上に借入件数の方が重要視され、それが多ければ多いほど、キャッシング審査に落とされる可能性は高くなってしまいます。借入金額が大きく件数が一件だけ、の方が実は借りやすいのです。

 

一つの業者から多くの金額を借りている場合

この場合、評価されている点は一つの業者から信用されている、という点です。低い金額を融資してもらう、ということはその金融機関からまだ信用されていない、ということです。返せるか返せないから分からない相手には大きな金額を融資することはまずあり得ません。

 

特に一見さんなら、というのは前述した収入が低い場合からも理解できるでしょう。逆に大きな金額を融資されている、という事実はその借入先は利用者のことを信用し、返済してもらえる可能性があることをきちんと見定めているということが理解できるでしょう。

 

複数の業者から借り入れしている場合

この場合は前述したものとは逆で、延々と低い融資額で、たくさんの業者から借りている人が多いのです。低い限度額が信用されていない証です。つまり、多くの業者が利用者は返済してくれないのでは、と不安を抱いているのです。借入件数が多いと、それが簡単に分かってしまうのです。

 

個人信用情報の事故情報

個人信用情報には住宅ローンやこれまでのキャッシングについてなど、様々な借金の情報が記録されています。もちろんそこには、利用者が起こしてしまった問題事項も、事故情報として記録されているのです。例えば、債務整理をしてしまったり、クレジットカードの分割払いを延滞してしまう、などという情報が記録されています。それが事故情報であり、内容によっては審査に通らなくなる場合もあります。

 

特に自己破産や任意整理などは事故情報として残るどころか、ブラックリストにも載ってしまい、今後一定期間他の金融機関から融資を受けることが不可能になってしまいます。ですので、もしもブラックリストに載ってしまうような事故情報が記載されていれば、まず、キャッシングの審査に通ることはないでしょう。

 

返済履歴も有利に働く場合がある

この返済履歴、個人信用情報は時と場合によっては非常に有利に働く場合もあるのです。

 

キャッシングを利用したことの無い人よりは有利になる

キャッシングを利用したことの無い人は、まず最低限度額での融資から始まるのが基本です。そうでなくとも、希望していた通りの借入希望金額での融資は難しいでしょう。ですが、過去にキャッシングを利用して、返済したという履歴がある人、ある場合には非常に有利になります。返済履歴は重要なデータとして、キャッシングの審査の際に参考にされます。既に返済をしたことのある人の場合にはきちんと「返済実績」キャッシングスコアとして残っています。

 

例え現在に多少の不利な条件が当てはまっている場合であっても、その場合にはきちんと参考にしてもらえるので、融資してもらえる場合がおおいです。経験がある、という点についてはキャッシングを利用する上でかなり重要な部分になるので、過去にきちんと返済している、という返済実績は、二度目のキャッシングを利用する上で、とても有利に働きます。ですので、現在返済しているお金をきちんと返せば、次回はもっと大きな金額で貸してもらえる可能性があるので、あきらめないようにしましょう。」

スピードキャシング一覧

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日