MENU

消費者金融でおまとめをするとなると、どこが無難か?

複数の会社からの借金を一つにまとめることが出来るサービスは、おまとめローンと呼ばれたり、借金の一本化とも呼ばれます。

 

また、同じカードローンでも、おまとめとしての利用が出来るもの(推奨されているもの)とそうでないものとで分かれ、前者の場合ですとカードローンのホームページ上等にそのことを示す言葉が書かれていますので、それが書かれていれば、おまとめとしての利用がしやすいことになり、逆にそうでないものの場合は、絶対に無理とまではいかないものの、若干厳しくなると言われています。

 

具体的にはどこの銀行のカードローンに申し込むべきなのでしょう

おまとめとしての利用が出来るカードローンの一例を挙げると、楽天銀行、オリックス銀行、イオン銀行等のカードローンとなり、各々の銀行のカードローンのホームページを見ても、しっかり「おまとめとして利用できます」等といった言葉が確認できますので、高額なキャッシングとなるおまとめが目的であっても、審査はそれほど難しくないかと思われます。

 

上記で取り上げた銀行でおまとめとして利用するとなるとどうなるか?

上記以外の銀行であっても、おまとめを目的としてお申込みすることは可能ですが、おまとめローンとして申し込んだ場合、通常の審査と比べ、多少ややこしい面があるため、銀行次第ではそれをよく思わないところがあるのも事実です。
だからといって、審査では高確率で不合格になるわけではありませんので、誤解しないでください。

 

銀行側からしたら、おまとめローンとして利用させるのは危険な面もある

通常、おまとめを目的として利用してもらうことは、それぞれの銀行側からすれば、ありがたいものです。なぜなら、ライバル会社からの利益を奪い、それを自分たちのものに出来るからであります。ですが、その反面、返済が行われなくなるという危険な面を持ち合わせているのも事実であり、実際、おまとめローンを利用する人というのは、多くの借金を抱えています。

 

ですから、おまとめローンを取り扱っている銀行側からすれば、返済が行われなくなる危険を理解しつつお金を貸し出していることになるのです。そのため、カードローンは取り扱いつつも、おまとめを目的としては利用できないという銀行も少なくありません。

 

キャッシングの数は少ないのが理想です

先ほどお話しした通り、おまとめというのは銀行側からしても、危険であるため、利用者によっては、利用できない場合もあります。そこで、少しでも利用しやすくするためには、キャッシングしている金額も大事なのですが、それよりもキャッシングをしている会社の数の方が重要になってきます。ですから、同じ金額でも3、4社から借りている人よりも1つの会社から借りている人の方が信用されやすいということです。

 

これは、1つの会社から大きな金額を借りているということは、それだけその銀行では利用者(おまとめとしての利用を考えている人)に対する信用度が高いことになり、自分たちの銀行でも信用しやすくなるわけです。ただ、何度も言うように、おまとめローンとして利用させるのは危険な事でもありますから、おまとめとしての利用がしづらいカードローンも存在するのです。

 

消費者金融でおまとめがしやすい会社はどこ?

これまで銀行においてのおまとめのお話をしてきましたが、おまとめは消費者金融でも同様に利用することができます。消費者金融では、銀行とは異なり、しっかりとおまとめに特化したサービスが取り扱われています。

 

有名な消費者金融では、プロミス、アコム、アイフルが挙げられ、それぞれ、”おまとめローン”、”貸金業法に基づく借換えローン”、”おまとめMAX”といったサービスが存在します。これらを見ると、アコムのおまとめだけが長々とした名前になっていて、この理由については不明です。ちなみに、おまとめという名前を使用しても、法に触れるということはありません。

 

アコム


実質年率 限度額 スピード 無利息融資
3.0%〜18.0% 800万円 最短30分 最大30日※1

※1 初めて契約後30日間

 

大手3社のおまとめとして利用した時の金利は?

では、上記であげた3社においておまとめローンを利用した時の金利について見ていきたいと思います。まず、プロミスでは金利が6.3%から17.8%となっており、以下、アコムでは7.7%から18.0%、アイフルでは12.0%から15.0%に設定されています。

 

以上のことから、一番高い部分の金利はアイフルが最も低いので、少ない金額のおまとめであれば、アイフルを利用した方がよく、反対に大きな金額のおまとめであれば、プロミスを利用した方がよいことを示しています。おまとめ後の金額を調べた上で、どの会社を利用するか決めるとよいでしょう。

 

そうなると、アコムは利用しない方がいいのか?と思われるかもしれません。確かにアコムは一番高い部分の金利を見ても3社の中では最も高い数値であり、それに加え一番低い部分でもアイフルよりは低いとはいえ、プロミスと比べたら1%以上高い数値に設定されています。

 

こういったことから、アコムを利用した方がよいケースとは、アコムでキャッシングをしている場合となり、アコムでキャッシングをしている人なら、他の2社で新たにお申込みするより、簡単に利用出来るかと思われます。実は、おまとめローンというのは、思ったより面倒なことが多く、そのため、すでにアコムを利用されている人なら、アコムでおまとめをすることによって、そのような面倒なことを省くことが出来るでしょう。

 

おとめとして利用するなら、プロミスを利用するのが無難かもしれません

先ほどは金額を考慮しておまとめ先となる会社を選択した方がよいとは言いましたが、結局おまとめをするとなると100万円を超過するといったことが多いと思います。そして、今回取り上げた3つの会社における、キャッシング金額別の金利というのははっきり分からないというのが正直なところです。

 

というのも、どこの消費者金融においても、金利というのはキャッシング金額別に設定しているのではなく、利用者の信用も考慮して設定しているためであります。したがって、100万円をおまとめするのであれば、アイフルもしくはプロミスを利用した方がよい等といったことにはならないのです。

 

とはいえ、一番の下の部分の金利を見るとプロミスが最も低く、なおかつキャッシングが出来る最高金額がどちらも300万円となっています。このことから、およそ100万円を超える金額であれば、プロミスの方が有利になると予測することができ、100万円を超過することが多いということを考えると、プロミスが無難ではないか?という結論に至るわけです。

スピードキャシング一覧

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日