MENU

営業や個人事業主の人の審査の通過率を上げる方法

キャッシングは自営業や個人事業主の人でも利用することができます。そのような人が審査の通過率を上げるいい方法があり、それが法人化です。個人で事業をしているより法人になることで信用度が大きく上がります。法人であれば株式会社が一番信用されます。

 

ですがそこまでしなくても、屋号を付けるだけでも信用度が上がります。この屋号とは自営業で商売をしているお店が「○○商店」と付けている、あの名前です。これは税務署に開業届けを提出するだけで簡単に付けることができますので、特に個人事業主の人はまずこれを付けることを考えてもいいと思います。

 

自営業や個人事業主が利用できる「事業者向けローン」

自営業や個人事業主の人は一般のフリーローンだけでなく、事業者向けローンを利用することができます。この事業者向けローンは貸金業法の総量規制の対象外になるので、年収の1/3を超える借り入れも可能です。事業者向けローンという名前を聞くと、借り入れをするお金の使い道は事業の為に限られると思ってしまうかも知れませんが、フリーローンと同じく自由に使うことができる消費者金融があります。

 

それはプロミスとアコムの2社で、これらの会社ではビジネスローンという名前で事業者向けローンを提供していますが、共に融資したお金を生活費として利用することが容認されています。ですので既にフリーローンでの借り入れが年収の1/3に達してしまっている人でもこのローンを利用すると、自由に使えるお金を借り入れることができます。

 

ですが融資したお金は事業の為にしか利用できない消費者金融も存在します。プロミスやアコムと同じく大手の消費者金融でもアイフルでは、ビジネスローンとして借り入れたお金は事業以外のことに使うことができません。この事業者向けのビジネスローンを利用する場合、自由に使うことができる消費者金融を選択した方が利便性が高いと言えます。

 

法人化されている場合のメリットとデメリット

キャッシングの審査では、その人の信用度を判断します。やはり自営業や個人事業主よりも法人化された組織の代表の方がその信用度が高いと言えます。ですが法人化すると言っても、もちろんそう簡単な話ではありません。キャッシングの審査を有利にするという理由だけで法人化する人もいないと思いますが、元々そういった法人の代表の人は自営業の人より審査に通りやすいと思ってください。

 

また法人の方が逆に審査に通りにくい場合もあります。それはその法人自体が負債を背負っている場合です。法人の負債は代表の負債になるからです。中小企業の場合、銀行から融資を受ける際には代表がその法人と連名で連帯保証人になることがほとんどです。この場合はその負債額によって、かなり審査に不利になると思ってください。

 

銀行から大きな融資を受けられているということは、それだけその事業が安定していると判断されている証拠ではありますが、正直なところキャッシング会社から見ると、それはどうでもいい話です。キャッシング会社は融資したお金をきちんと返済してくれればそれだけでいいのです。その人の世間的な立場や信用度などといったものは、その判断基準に過ぎません。

 

ですので銀行から大きな借り入れのある法人の代表の場合、基本的にはキャッシングの利用は難しくなりますが、遅延もなくほとんど返済が終わっている場合など、逆に評価が上がる対象になることもありますので、一概には言えない面もあります。

 

キャッシング会社では、今までの利用履歴を実績として審査の判断要素に入れています。この実績とは、返済の遅延がなくきちんと返済を行ったことがある場合、この人は信用できると判断するということです。大きな金額をきちんと返済した、もしくはもうすぐ返済が終わるといった人は信用できると思われるのです。

 

事業の継続期間も審査のポイントです

自営業や個人事業主の場合、その仕事をどれだけ続けているかということも大きな審査のポイントになります。長く続けているということは、それだけ安定しているという意味です。また今後も簡単には辞めることはないとも判断できます。これによって審査を通過できる可能性が高くなります。

 

これは会社員の場合の勤続年数に相当するものです。この場合も同じく、今の会社に何年勤務しているかで信用度が変わります。特に新入社員の場合は最初の3ヶ月は離職をする可能性が高いというデータがあるので、その間の申し込みの場合は審査が厳しくなります。

 

それと同じく、自営業も開業をしてから間もない場合、やはり信用がないと判断されてしまいます。開業からまだ1年も経っていない場合は収入が安定しているかどうかの判断ができませんし、今後どれだけ継続して営業するかどうかも分かりません。

 

このように会社員の勤続年数と同じく、自営業を継続している期間が大切になります。ですがこればかりは今すぐにどうすることはできませんので、これが問題になった場合はどうしようもないと諦めるしかないかも知れません。

スピードキャシング一覧

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日